2006年02月28日

近況

えっと、父方のばぁちゃんが急に亡くなってしまったりで、
どたばたしてしまい、またブログをほったらかしにしてしまった。

でも、ばぁちゃんとは実家にいたとき一緒に住んでいて、
よくかわいがってもらったので、本当に寂しい。
ここ数年は、病気を患ってしまって、本当に辛そうだったので、
これでよかったのかな?やっと楽になれたかな?
という思いもあるけど、寂しいものは寂しい。
できれば、社会人になった姿なんかを見てもらいたかったし、
家に彼女を連れて行ったときは本当に喜んでくれたので、
結婚する姿なんかも見てもらいたかったなぁ。

後、近い身内が亡くなるのは今回が初めてだったので、
いろいろショックだった…

地蔵の人生はこれからも続いていくけど、
かわいがってもらったばぁちゃんのためにも、
ちゃんと仕事して、ちゃんと勉強して、ちゃんと遊んで、
いつか死んで、ばぁちゃんに会ったとき、
「ちゃんと生きたよ」って報告できる様な生き方をしたいと思った。
posted by お地蔵さん at 14:43| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 地蔵の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです☆

身内が亡くなるってへんな感じですよね。
私はもう3年続けて身内がいなくなりました。
母方の祖母、祖父、そして伯父。
私にとって祖母はなんだかわからない存在でした。
母の涙を見て、悲しいのか…と思ったり。
祖父はいろいろあって大嫌いでした。
一応、シキタリみたいなもので、体裁を整えるために出席した。
涙はでませんでした。
伯父の時はとっても泣きました。
お正月やいろいろイベントに母の兄弟家族は集まって、たくさん楽しい思い出があった。

人が死ぬのはあっという間。
死ぬまでに生きた証、だれかに残せたのではないかな?
Posted by めろりん at 2006年03月02日 12:24
こんばんは。
私は中学の頃まで大阪にいて、親戚はみんな大阪と京都なんですよ。
で、関東に一家で引っ越してから、おばあちゃんが亡くなり、おじいちゃんが亡くなり、叔父さんが亡くなり。。。と、誰かが亡くなると帰省するみたいなパターン。
しょっちゅう帰れる距離でもないので、そういう嫌な行事で行くのがほとんど。
ちょっとさびしいよね。
元気なうちにもっと遊びに行ければよかったなぁって思います。
近々、まだ生きているおばあちゃんに会いに京都に行く予定です。
親孝行も必要だけど、年寄り孝行も必要だね。
Posted by nyako at 2006年03月03日 20:33
皆様、コメントありがとうございます。

めろりんさんへ

そうですねぇ、うちのおばあちゃんは、
すごく苦労した人だったので、地蔵だけなく、
父や祖父の記憶にも残っていくと思います。
苦労することがエラいってことではないですけど、
おばあちゃんは最後に会ったときも地蔵のことを
ほんと気にかけてくれたので、
地蔵もばあちゃんに負けないくらい、ちゃんと
生きていこう。そう思える気持ちがおばあちゃんが
残してくれたものじゃないかなって思います。


nyakoさんへ

年寄り孝行…ほんとそうですね。
後から後悔してもしょうがないし、就職して
しばらくは東京(研修後は未定)だけど、
まだ生きてる祖母、祖父にはできるだけ会ったり、
連絡したいなって思います。
Posted by お地蔵さん at 2006年03月06日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13918890

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。