2005年11月11日

学んだこと

研究続きでネタがないので、
昨日の続きみたくなってしまいますが…

ま、昨日まで書いたようにして、地蔵は生まれて初めての
彼女と付き合い、そして別れたわけです。
失恋において、人それぞれ失ったもの、得たものがあると思います。
地蔵も彼女との経験では、いろんな得たもの、学んだことがありました。
その1つが、今、自分の座右の銘としている

「自分を大事にできんやつは、他人も大事にできん!」

という言葉の意味です。言葉自体はそれまでにも耳にしたことは
あったんですが、今回の経験でその意味を深く考えさせられました。

先の記事の中に互いが互いを頼り過ぎたという文言を書いたと思いますが、
付き合っていく中で地蔵は情けない話なんですけど、
「○○のためにあれこれしてんのに…」
みたいな当てつけがましいことを言ってしまうこと、
また態度に出てしまうことが何回もありました。
こういうのを重いと言うんですよね。
相手からしてみたら、望んでもないことを勝手にされて、
あげく見返りを求められてるってことになりますから。

しかし、理屈は分かっていても、地蔵は繰り返してしまいました。
別れた後、なんであんなことを繰り返してしまったのかを
めちゃくちゃ考えました。そして、考えついた結論が、

「自分を大事にできていなかった」

ということです。人を好きになり過ぎると、
相手に依存してしまい、距離をとれなくなって、
自分の予定ややるべきことをほっぽり出してでも、
会うことや遊ぶことを選んでしまう人もいますよね。
地蔵もその一人だったと思います。でも、そのような行動は、
「自分を大事にしていない」ことであって、
それが相手にとって重荷であったり、また当てつけがましい言葉や
態度に繋がってしまうんだろうなと思います。
自分を大事にして距離を適度に保つことが、相手を大事にすることに
繋がる。今ではそう思ってます。

地蔵はよく言われる自分磨きって、
自分を大事にするためにすることなんじゃないかな?
って思います。なりたい自分になって、自信が持てれば、自然に
自分を大事にすることができ、そして、
他人をも大事にできるようになるんじゃないかと…

実は、タイトルの10年後に独立して、金持ちになってやるというのも
自分磨きの一環なんですよね。目標があれば、頑張れるかな?と思ったんです。
そして、平日は研究を頑張り、週末は夜通しバイトを頑張り、
時間を見つけたら、本などを読んでいる今の自分は結構好きです、
大事だと思えてます。体の方は、ガタがきてたりするんですが…

恋愛の時に限らず、自分を大事にするために、また人を大事にするために
これからも一日一日を頑張っていこうって思ってます。
posted by お地蔵さん at 17:52| 京都 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 地蔵の恋愛事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アクセスアップを目的としたHP宣伝サイトを作りました。よろしければ御使用下さい。

HP宣伝スペースの他、
 ・アクセスアップに最低限必要なこと 
 ・ASP一括登録 ・ アフィリエイト収入報告例 
 ・Page Rank別ランキングサイト集  
 ・Page Rank別アクセスアップ系相互リンクサイト集 
なども紹介しております。

毎日当HPで宣伝していただければ、アクセスアップに貢献できるので幸いです。

宣伝.com
http://31043.ojaru.jp/
Posted by at 2005年11月11日 18:05
こんばんは。
いつもありがとです。
お地蔵さんはこの恋ですごく大人になったんだよね。
私より全然若いのに。
10年後の輝ける未来に向けて、自分磨きがんばってね。
Posted by nyako at 2005年11月11日 22:07
こちらこそ、ありがとうございます。

そうですね〜、精神的には成長できたかなって思います。
でも、まだまだやと思います。

nyakoさんも今を乗り越えられたら、
今までよりももっと幸せな恋愛ができると思いますし、
人生一度きりです。
たまには人の手も借りつつ、くじけずに
後悔しないように頑張ってくださいね。

お互い、頑張りましょう〜(^^)
Posted by お地蔵さん at 2005年11月11日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9217077

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。