2005年11月17日

レポート採点

地蔵は大学院生なわけでたまに教授の受け持つ講義の
レポートの採点をお仕事(バイト代が出る)としてするのですが、
マナーと言うか、

「これはどうなん?」

てなレポートが多く目につきます。まず、問題の出来とか
それ以前の問題で、その様式です。

普通、レポートって、市販のA4のレポート用紙にしません?
A4の用紙にレポートを書いた後、学部の事務室の所に
置いてあるレポート用の表紙を着けて、ホッチキスで留めて
提出するのが模範的だと思うんですが、あるものはB5用紙であったり、
ルーズリーフであったり、ひどいのだと、1つのレポートで
大きさがそろってないのがあったり、ホッチキスで留めてなかったりします。
ま,想像するに、講義中に誰かのを写して、
そうする余裕がなかったりするんでしょうが。
結局、上記の模範的なのは150人分中1つしかなかったです。
はっきり言って、見る気がしません。でも、見ざるをえないので、

「こいつら、社会でやっていけんぞ。」

と思いつつも、採点をしています。

次にその内容です。とりあえず、明らかに人のを写したりして、
書きなぐってるのは見る気しません。
汚いとか言う問題ではなく、見てもらおうという感じを全く受けないのです。
ぱっと見で読めんやつはほんと0点にしたろかなんて思っちゃいます。
採点する側に立たないとそこまで考えが及ばないんですかね?
結構うんざりです。

ま、反面教師になって、地蔵がレポートを提出する時には、
ほんとちゃんと見やすいレポートを心がけようと思いました。

1つ、面白いダメレポートがあったので、紹介。

==========================================

学籍番号 ○○○○ 名前 ××××

問題 1.3
(1)分かりません。
(2)〃
(3)〃

少しレポートの量が多くないでしょうか?

==========================================

少しはやってから、そういうことは言いなさい。
ある意味、衝撃でしたけど(苦笑
posted by お地蔵さん at 04:18| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。