2005年11月11日

学んだこと

研究続きでネタがないので、
昨日の続きみたくなってしまいますが…

ま、昨日まで書いたようにして、地蔵は生まれて初めての
彼女と付き合い、そして別れたわけです。
失恋において、人それぞれ失ったもの、得たものがあると思います。
地蔵も彼女との経験では、いろんな得たもの、学んだことがありました。
その1つが、今、自分の座右の銘としている

「自分を大事にできんやつは、他人も大事にできん!」

という言葉の意味です。言葉自体はそれまでにも耳にしたことは
あったんですが、今回の経験でその意味を深く考えさせられました。

先の記事の中に互いが互いを頼り過ぎたという文言を書いたと思いますが、
付き合っていく中で地蔵は情けない話なんですけど、
「○○のためにあれこれしてんのに…」
みたいな当てつけがましいことを言ってしまうこと、
また態度に出てしまうことが何回もありました。
こういうのを重いと言うんですよね。
相手からしてみたら、望んでもないことを勝手にされて、
あげく見返りを求められてるってことになりますから。

しかし、理屈は分かっていても、地蔵は繰り返してしまいました。
別れた後、なんであんなことを繰り返してしまったのかを
めちゃくちゃ考えました。そして、考えついた結論が、

「自分を大事にできていなかった」

ということです。人を好きになり過ぎると、
相手に依存してしまい、距離をとれなくなって、
自分の予定ややるべきことをほっぽり出してでも、
会うことや遊ぶことを選んでしまう人もいますよね。
地蔵もその一人だったと思います。でも、そのような行動は、
「自分を大事にしていない」ことであって、
それが相手にとって重荷であったり、また当てつけがましい言葉や
態度に繋がってしまうんだろうなと思います。
自分を大事にして距離を適度に保つことが、相手を大事にすることに
繋がる。今ではそう思ってます。

地蔵はよく言われる自分磨きって、
自分を大事にするためにすることなんじゃないかな?
って思います。なりたい自分になって、自信が持てれば、自然に
自分を大事にすることができ、そして、
他人をも大事にできるようになるんじゃないかと…

実は、タイトルの10年後に独立して、金持ちになってやるというのも
自分磨きの一環なんですよね。目標があれば、頑張れるかな?と思ったんです。
そして、平日は研究を頑張り、週末は夜通しバイトを頑張り、
時間を見つけたら、本などを読んでいる今の自分は結構好きです、
大事だと思えてます。体の方は、ガタがきてたりするんですが…

恋愛の時に限らず、自分を大事にするために、また人を大事にするために
これからも一日一日を頑張っていこうって思ってます。
posted by お地蔵さん at 17:52| 京都 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 地蔵の恋愛事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

元カノ(その5)

そんなわけで、また友だち関係を続けていきました。

地蔵はバイトやら、研究やら、就活やらを頑張っていました。
YはYでその大学で納得していなかったので、編入試験を受け、
別の大学に受かったりということがありました。

その間も地蔵はYの勉強の相談に乗ったり、
愚痴を聞いたり、経済的にきつい時にはお金を貸したり、
ということを続けていました。
Yはそんな風に地蔵を頼ってくれてたはいたんですが、
地蔵の方はと、好きは好きなんだけど、しっくりこなくて
自分から連絡することは避けている様な状態でした。

そんな感じで過ごしていて、つい最近になって、
「話したいことがあるから、会いたい」
とメールがあり、会う機会がありました。
で、会って言われたことは、

「ずっと地蔵のことが忘れられなくていたけど、
迷わず付き合える様な彼氏ができました。
地蔵には今までのこと、支えてくれたことには、
ほんとに感謝しているし、そのことを報告したかった。
彼氏ができても、地蔵は私にとって大事な人のままだし、
これからも友だちでいたい」

とのことです。ま、連絡が少なくなったりでその徴候は
感じていたんですけどね。
地蔵は好きだけどもうあの頃には戻れないだろうなって感じだったし、
寂しかったり、切なくはなりましたけど、

「そっか〜、よかったやん。今度こそちゃんと付き合って、幸せになりなよ。
オレなんか大事にせんでええし、彼氏大事にし〜よ。」

と伝えました。そして、Yは、

「うん、そういってくれると思った。今度こそ頑張ってみるわ。
ほんとにありがとう。」

って言ってくれたけれど、なんなんですかね〜、
戻れない、戻ってもダメなんだろうなと思って、
戻りたいと言ってくれたYを突き放し続けたのは自分なんですけど…
切ないような、むくわれないような、複雑な気分でいます。
なんか自分の気持ちがよく分からないです。
でも、その場、その場での自分の行動には、後悔はしていません。
精一杯、自分のこと、Yのことを考えてしてきたことですし、
自然にくっつかなかったということは、
そういうことやったんやなって思います。

後、お金はどうしようかな〜なんて思ってましたけど、
ここに書いてるうちにそこは整理できたようで、
一応返してくれるとは言ってくれてますけど、
あげたもんやと思っておきます。
ま、Yの幸せを願って、これからも友だちでいようと思います。

最後はよく分からんくなっちゃいましたかね(汗)
すいません、文を書くのは慣れてなくてm(__)m
ま,でも、元カノのお話はこんな感じです…
posted by お地蔵さん at 12:27| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 地蔵の恋愛事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

元カノ(その4)

口では、まあそんなこと(その3参照)を言いましたが、
フラレて当分は、フラレた人の多分にもれず、
「どうにかして、戻れんかな〜」
とかグダグダ考えてました。

頭の中では、
心変わりはしょうがない、善も悪もないことだし、
それに心変わりとは別にして、
互いに遠距離を続けていくには未熟?な部分があったことは確かだし、
今、もし無理矢理戻っても長続きせんわな
と理解していたので復縁を迫るなんてことはしなかったですし、
連絡も一度も地蔵からはしなかったです。

ま、いろいろ考えて、とりあえず、地蔵自身がまず成長して、
強くならんと次の縁も大事にできんやろうし、進もうにも
進めんわって思って、バイトを始めたり、研究に打ち込んだりしました。

そうして別れて3ヶ月ほど経った頃です。
別れたときは遠距離で簡単に会えないということもあって、
電話で話をして、終わったのですが、Yから
「ちゃんと会って、一度話したい」
という旨のメールが届きました。地蔵は電話で納得して、
彼氏もできてるのに、会う必要もないやんって思いました。

少し妙に思いながらも、結局、会うことになって、
Yに話されたことは、要約すると、
「地蔵の方がよかった。今の彼氏は付き合う前はすごいやさしかったけど、
付き合ってからは全然力になってくれない、大事にしてくれない。
できるなら、戻りたい。」
ということでした。地蔵はまだひきずっていましたし、Yのことが
好きなままでした。
しかし、惰性で戻っても、地蔵もYも未熟な部分はまだ変わってないままだと
思ったし、バイト、研究に打ち込んでいる自分を大事にしたい気持ち、
どこか戻ってもうまくいかんやろうなという気持ちがあって、
かなり迷いましたが、
「オレも戻れるんやったら、戻りたい。でも、今、戻っても、
うまくいかんと思う。今は自分のこと、がんばろうや。
そうしていくうちに、また惹かれあったなら、自然にくっつくやろうし、
そうならなくても、いい方向には向かうと思う。
ま、なんかしんどいことがあれば話聞くし、助けられることがあれば、
助けるわ」
と伝えました。

友だちに話したら、
「そんなんせんでも、好きやったら、戻ったらええやん」
てさんざん言われましたけど…

あ、ちなみにお金を貸したのもこの頃です。
家は貧乏なことは知っていましたし、本当にヤバそうだったので…

その5に続く



posted by お地蔵さん at 13:51| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵の恋愛事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

元カノ(その3)

元カノネタの続きです。正直言って、今回は
地蔵はかなりカッコつけてますし、無理をしたお話です。
自分でも偽善?っぽいかななんて思ってしまいます。

で、まあ付き合い始めて、当然?ですが、
楽しかったです。遠距離(中距離?)恋愛ではありましたが、
毎日、一時間は電話をし、たまに休日があった時には、
散歩好きでしたので、いろんな公園を二人で歩いたり、
スイーツの食べ放題に出かけたりしました。

そんな感じで一年程経過し、たまにはもめたりもしましたが、
地蔵は順調だなぁなんて、のんきに考えてました。
でも、Yは違ってたみたいです。
お互いが互いを頼り過ぎてたこと。そして、
Yは一年の間は2時間かけて通学していたのですが、
二年になってから寮に入ることができて、
自分の時間が増え、大学の友だちと遊ぶことができるようになったこと。
また、遠距離であまり会えないこと。
そんないろんなことがあるうちにYにその大学の友だち内
で気になる人ができ、しかもその人に告白もされたのです。
結局、地蔵と二ヶ月間ほど距離を置いた後、Yはその人を選び、
地蔵とは別れることになりました。

しかし、ま、その告白されたことだけでなく、
地蔵自身、自分を振り返った時にYのことが好きに
なり過ぎたのか、依存し過ぎてしまった部分があったし、
自分のことをおざなりにしてしまった部分がありました。
そのことも1つの原因だったかなと思います。

最後は、地蔵は本当にYのことが好きだったので、
精一杯強がって、自分を殺して、

「オレは、ほんまにYのこと好きやし、
Yが笑顔で幸せにおってくれるんやったらそれでいい。
オレのことは気にせんでいいし、その人とちゃんと付き合いなよ。
でも、オレをフッてんやから、幸せにならんと承知せんで。」

と言って、別れました。カッコつけ過ぎですね…
それから、三ヶ月間はろくに食べることも寝ることもできず、
地蔵はほんとに死んでました。

その4に続く
posted by お地蔵さん at 11:01| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 地蔵の恋愛事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

元カノ(その2)

今日も進まない研究をしております。
明日は書き込む暇がないんで、もう1つ今日投稿で続きです。

突然、「明日、京都に行っていい?」そんなメールが来て、
午前中しか講義もなく、「昼からやったらええよ。」
って答えましたが、何しに来んねやろ?って思いました。

で、まあ、その日は何をするでもなく、そこらへんを
ふらふらして、ご飯を食べという様な感じで
いつの間にか普通のデートとなっていました。
後で聞いた話ですが、Yは高校の頃からずっと
地蔵のことが好きで結構な勇気を出して、
前述のメールを送ってくれたみたいです。
地蔵の気持ちははっきりとはしていなかったわけで
「ほんま、何しにきたんやろ?この子?」
てな感じでいました。今、考えれば鈍いですねぇ。

その日がきっかけとなって、京都と兵庫ではありますが、
月に1、2回二人で遊んだり、次第に電話する頻度も上がり、
Yの勉強の面倒を見てあげたり、励ましたりしながら、
その内、友だち以上恋人未満みたいな関係になっていました。

そうこうしている内に、受験シーズンとなり、
Yは地蔵の大学も受けたのですが、
ダメで不本意ながらも姫路にある大学に通うことになりました。

そして、また、夏が来て、Yと地蔵は些細なことでけんかをし、
音信不通になりました。そうなって、地蔵はやっと?自分の
「こんなにYのこと、オレ好きになってたんや」
という気持ちに気付き、あやまり倒して、仲直りし、
しばらく経った後、二人で遊んでYを家に送っていく途中、
先に歩いていたYの手をつかまえ、
「オレ、Yのことめっちゃ好きや。」
って告白しました。Yには、
「今更…何言うん?」
なんてかわいげのないことを言われましたが、
晴れて付き合うことになりました。

その3に続く
posted by お地蔵さん at 19:46| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵の恋愛事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元カノ(その1)

遅くなってしまいましたが、予告通り?元カノのこと
書いていこうと思います。

元カノ(以下、Y)と初めて出会ったのは、
高校に入ってからでした。
といっても、高校の時にはたまに話したりする
ただの友だちという感じでした。
というのも、高校の時は他の子が好きで
そのYはその子の仲良しグループの一人だったのです。
結局、二年、三年は好きだった子ともそのYともクラスは
一緒だったのですが、これといったこともなく高校を卒業し、
地蔵は京都の大学、Yは家の家計が危なかったために東京の
自衛隊の看護学校?(勉強しながら、給料がもらえる)に進学しました。

好きな子とは切れちゃったんですけど
Yとはメールアドレスの交換はしていたので、連絡はごくごくたまにとっていて、
「やっぱり、普通の大学?にいって勉強したい。」
等の相談にのったりしていました。そして、一年たった頃、
「大学に入り直す。」
と言って、Yは地元に帰ってきました。地蔵は京都にいたんですけどね。
あ、ちなみに地元というのは兵庫県の神戸に近い所です。
そして、地蔵は自分で言うのも何ですが、そこそこ勉強はできたので、
勉強の相談にのったり、メールで、
「自分で選んだことやねんから、がんばりや〜」
なんて励ましたり、地蔵が地元に帰った時には、会って、
北野天満宮(受験の神様)のお守りを渡したりした記憶があります。
二人でどっかに遊びにいくなんてことはなかったんですけどね。
今、思えば、この頃から家にお金がなくても、バイトを頑張り、勉強を頑張り、
自分の思った道を貫こうとするYに惹かれていっていたのかもしれません。

で、一年目が結局、受からなくて、それでも「来年や」って言って、
Yは頑張り、地蔵もそんなYを励ましたりという日が続いていました。
そんな初夏のある日、Yからメールが来て、
「明日、京都行っていい?」
という様なメールが入ってきました。

その2に続く
posted by お地蔵さん at 02:10| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵の恋愛事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

元カノとの関係

今日も学校に来て、研究であります。
今月下旬の学会まではほぼ研究しかしないし、
FORTRANのプログラムがどうたらなんて書いても
どうかと思うんで、少しの間は昔話でも
書いていこかと思います。

ところで一般的にはというか、普通は別れた恋人とは
どんな関係になるんですかね?
地蔵の場合は友だちになっています(と思ってます)。
といっても、今までまともに付き合ったのはその子一人なんですけどね。

でも、この頃悩んでいます。
明日からこの元カノとのいきさつを書いていこうと思っとるんですが、
縁切ろうと思っても、お金を貸しているんですよね。

60万超!!


周りからは
「何やっとん?」
「おかしいって、それ」
「さっさと返してもらい〜や」
って言われます。

自分でもちょっと?変かなとは思ってるんですけど…
助けにはなれるんやったらと思って貸したお金です。
というのも、彼女の家が借金だらけで、
大学の授業料を立て替えたんです。結構、地蔵自身も無理して。

でも、まだ取り立てたことは一度もないです。
というか、フラレて別れて、向こうに彼氏ができてからも
貸したりしました…最近も。
もう未練とか、戻ろうという気はないんですが、人間的に好きですし、
本当に困ってそうだったので、貸しました。

やっぱりおかしいですかね?都合のいい人間になってますかね?
今、どうしようかものすごく悩んでます。
地蔵は友だち関係でいれたらなって思っとるんですが、
いくら何でも、地蔵に頼り過ぎなんとちゃう?とか、騙されてんのかな?
とか考えてしまって、
「もう金は返さんでいいから連絡はやめよ」と言って縁を切るべきか
「返すんはいつでもええから…」と言って友だち関係?を続けるのか
はたまた別の選択肢があるのか…
posted by お地蔵さん at 09:47| 京都 | Comment(4) | TrackBack(1) | 地蔵の恋愛事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。